プロフィール

こんにちは!プロフィールページご訪問ありがとうございます^^

名前:瀧本銀次朗(たきもと ぎんじろう)

1988年(昭和63年)8月3日 千葉県千葉市生まれ

  • 原木中山唯一の疲労回復ジム『LOHASKIN(ロハスキン)』オーナー
  • パーソナルトレーナー
  • lifestyle model/lifestyle blogger

以下、ダラッダラかいていますが、興味のあるところだけ読んでみてください!

(随時追記中)

生い立ち

0〜4歳

千葉県千葉市に、長男として生まれました。

といっても、姉がいるので2番目の子供です。

名前が「銀次朗」なもんで、次男とおもわれがちですがこういう複雑な事情があります。

もうこれを2,000万回くらい説明してきたのでもう聞かないで…笑

この5年間はひとことでいって「病弱」でした。

喘息、アトピー、水疱瘡

はっきりとした記憶はないけど「しんどかった」という印象だけは残っている5年間です。

5〜12歳

父親が長生郡白子町に一軒家を購入したため、転居。

海から徒歩10分(たぶん)の超自然満載な町でのびのびと育ちました。

ひとつ特殊っちゃあ特殊なのは、このタイミングで両親が離婚したこと。

家族4人で暮らしたのって、1年あったんだろうか?

あまりここも記憶にない。

 

ぼくにとって父親は、なんか雲の上の存在というか。

「親父」なんて呼べるほど距離近くないんですよ。いまだに。

13~15歳(中学生)

反抗期。

グレなかったけど。

今おもうと病んでた。ぜったい。

ここもじつはあまり記憶がない3年間。

どうやって生きてたんだろ。

16〜18歳(高校生)

母親の実家に引っ越し、地元の普通高校に進学。

部活やったり彼女できたり、それなりに楽しむ。

19〜22歳(大学生)

人生で最も濃い時間というか、物事の考えや価値観の基礎が確立された気がする4年間。

「師匠」と勝手に仰ぐトレーナーさんに出会えたのも大学。

いまだに連絡を取り合う仲間にめぐりあったのも大学。

過去20年さかのぼって、確実にこの4年間でぼくは成長した。とおもう。

23〜25歳

就職。と同時に東日本大震災が発生。

職場はしばらく余震による揺れとのたたかいだったなぁ。

そんな職場も2年で退職。

とっても良い職場だったんだけど、なんというか…

もうこれ以上そこで成長できる気がしなかった。

退職はもう2年目をはじめる時点で決めていたため、さっそくフリーランスのトレーニングコーチ・出張パーソナルトレーナーとして活動開始。

はじめからお客さんを取れるはずもなく、退職後の資金面の不安もあって、バイトをかけもちし始める。2日に1回、3時間くらい寝るという生活をおくり、人格がおかしくなる。

退職するまでに抱えたクライアント数が生活できるまでの水準にとどかず、結局24時間ジムのアルバイトをはじめる。

アルバイトとフリーランスの活動をかけもちして、36時間に1回くらい寝るような毎日。休日という概念もなくなり、働くことしか頭になかった。

26歳〜現在

仕事のかたわら、唯一の娯楽だった「マッチングアプリで知り合った女の子とご飯を食べに行く」を1年続けたので、終了を決意。

「この子が最後」と思って出会った女性と意気投合。出会って1ヶ月くらいで付き合い始め、半年でプロポーズ、ちょうど1年で入籍というそれなりのスピード婚を達成。

同時に、アルバイト先の24時間ジムの社長に「社員になりたい」と直談判。以前からそれとなく誘っていただいていたにもかかわらず、かたくなに断り続けていた自分からいきなりお願いしたので、苦笑いされながらも承諾していただく。

入社後2年間、船橋市の24時間ジムで店舗マネージャーに就任。社内で最もコスパの悪かった店舗を在籍会員200名増加に成功。

その後、中野区の店舗へ移動。店舗マネージャーとして2年間で在籍会員250名増加に成功。

現在は店舗マネージャーを継続しつつ、船橋市の店舗サポートも兼任。

入社後もフリーランスの活動は継続中で、出張パーソナルトレーナー、ブロガーとして活動。最近は調子にのってライフスタイルモデルを自称しはじめる(とくにこれといった活動はなし)。

今年から原木中山で疲労回復に特化したプライベートジムを開設。同ジムオーナーとして活動開始。

 

とまあざっくりこんな人生です。

「普通」にちょっと毛が生えた程度の人生ではありますが、引き続きがんばります!